ヨガであんき(安氣)に~IDヨガとわたし     プラナサージヨガ個人セッション、少人数ヨガ教室 Tanaka Yuka~

idyogatome.exblog.jp
ブログトップ

プラナサージの基本定義

プラナサージは2人で組んで行うヨガですが、なかなか説明するのが難しいヨガです。

コスタリカ・ノサラヨガのドン・ステイプルトン&アンバ・ステイプルトン両先生により
伝えられているヨガですが、当初はアメリカのセレブリティを対象にされたもので
あったと聞いています。

ホルトヨガインスティテュートによるプラナサージの基本的な説明は以下のようなものです。

「プラナは「元気のもと」であり、サージは「もみほぐす」の意味だが、プラナサージは従来のマッサージではない。理由は、与える側が受ける側に対してヒーリングを施しているという意図を持たないからだ。それは双方にとって、深いリラクゼーションを体験する場であり、ヨガのアシスト法である。二人が組みになって動くが、基本はヨガのアーサナと呼吸法。しかし、受ける側がヨガを知っていなければ受けられないというわけではない。与える側は頭で考えた動かし方ではなく、自分と相手のからだを流れる精気「プラナ」に気づき、それに添って動くことがポイント。
すでに介護の資格を持っている人は勿論、在宅介護者や、ホームヘルパーの仕事に就いている人には特に有用な健康法だ。」

私はプラナサージのプラクティショナーとして、男女を問わず様々な年齢と身体の方々に施術をさせて
いただいてきました。

未だに説明するのは苦手ですが、一番のポイントは受ける方のヨガの経験が必要ないということだと
思っています。

また、マッサージ的な要素も少なからずあるため、受け手の側は「マッサージを受けている」と
感じられる場合もよくあります。

セッションは毎回いろいろな出会いと気づきがあり、
プラナサージの魅力は益々深まっていくばかりです。

これからも、セッションを通じて感じたことをアップしてみたいと思います。

c0232952_18314859.jpg
c0232952_1834776.jpg
c0232952_18444972.jpg

[PR]
by cassiopeia39 | 2013-02-01 18:57 | プラナサージヨガとは